脳出血で倒れてから5年半。片麻痺は個性の一部になったようだ。今は、老をいかに生きるかに焦点が移っている。


by satarou22

再発を防ぐ10箇条

6箇条しかないって。いいの、これから生活する中で、作っていくんです。
倒れるまでは、血圧が高めであるにもかかわらず、健康に根拠のない絶対的自信を持っていた。塩取り放題、アルコール飲み放題、ストレス受け放題と3拍子そろったムチャクチャな生活をしていた。「脳卒中発症を促す三冠王」ってとこだな。発症したのも、自業自得だった。

これからは一病息災でいきたいものだ。
再発を防ぐため、ここで、もう一度、生活態度の再確認しておこう。

1.ストレスを持たないようにする。
     気持ちを強く持って、頑張らないで生きる。
     怒ることのない穏やかな、規則正しい生活。
     物事を良いほうに良いほうに楽天的に考える。(女房がこの師匠です)
2.食事に注意する。(食事については、もう少し、知識をつけなくては)
   薄味を心がけ、塩分を控える。
     酸味、香辛料、旨みを使い、味噌、醤油を控える。
     加工食品は塩分が多い。
     塩味をつける料理は、一品に。
     表面味にする。
   たんぱく質の摂取を心がけ、コレステロールを控える。
     肉より魚。(うまいことに、私は肉の脂身が大嫌いなんです)
   食物繊維、緑黄色野菜を食べる。
     豆類、海藻類なども取る、偏りのない食事。
   味気なさを救う対策として、
     週に1日だけ、ラーメンでも、トンカツでも、何でも食べることのできる日を作る。
3.アルコールはほどほどに。
     酒飲みの私が、本当に少量しか飲まなく(飲めなく)なったのです。
     アルコールは、週2回が原則。
     睡眠薬もうまく使う。
4.血圧を定期的にチェックする。
     どうも最近はサボりがちである。反省。
5.適度な運動
     リハビリのメニューをこなしていれば、問題ない。
6.メリハリのある生活
     疲れたときは、なるべく、横にならないで、腰掛けて休む。
     が、昼寝は、思い切って取る。
[PR]
# by satarou22 | 2004-08-19 12:01 | 再発を防ぐ10箇条
ストレッチ
筋力トレーニング(1セット)
 1.シット・アップ(腹直筋) 3kgのダンベルを持って、60回
 2.ダンベルカール(上腕二頭筋) 負荷右5kg、左4kg で、それぞれ30回
 3.ワンハンドトライセップスエクステンションシーテッド(上腕三頭筋)
                   負荷右5kg、左3kg で、それぞれ30回
 4.ダンベルベンチプレス(大胸筋) 負荷右5kg、左4kg で40回
 5.ダンベルフライ(大胸筋) 負荷右5kg、左4kg で40回
 6.サイドレイズ(三角筋)負荷右5kg、左3kg で20回
 7.フロントレイズ(三角筋)負荷右5kg、左3kg で、それぞれ25回
 8.リアレイズ(三角筋)負荷右5kg、左4kg で20回
ウォーキング(1セット 有酸素運動で3000歩)
足若丸 1セット 25分
 足若丸とは、15000円くらいの電動サイクル。膝の拘縮を防ぐために、やっている。本当は、エアロバイクが欲しいのでだが、予算の都合と置く場所を考えて、我慢している。
 
毎日、ストレッチと、その日の気分と状況に合わせて、どれか2セットをエクササイズしている。
もちろん、身体の調子の悪い日や他に用事の入っている日は、無理せず、休んでいる。。
[PR]
# by satarou22 | 2004-08-19 12:00 | リハビリの内容

「片麻痺の達人」宣言

時間が経つと、鳥のように飛べないことがあたりまえのように、スムースに歩けないことが当然と思えるようになる。
病気に甘えて楽をするのではなく、無理のない範囲で積極的に生きなければならない。手足の悪い普通の人として、社会の中にどんどん出ていかなければならない。片麻痺の達人とは、片麻痺をほとんど意識しすることなく、少々身体がつらくても、頭がまわらなくとも、強い気持ちで、普通の生活をするように心がけ、社会とかかわっていくことができる人のことだ。
再発をこわがって消極的に生きるなんて、最悪のパターンである。
仕事でも趣味でも、健常者と一緒に楽しく生活ができるように、今後も肉体的にも精神的にもリハビリに努めていく。決して自己を哀れまず、できないことは明るく頼む。そういう人に、私はなりたい。
[PR]
# by satarou22 | 2004-08-19 11:57 | 2004年決意表明
ときどき、落ち込むことはあるが、心は、至極、安定しているといって良い。
この辺で次のような目標を設定します。

まず、継続的なリハビリで体の動きと体力を現状維持すること。

その結果として
   平均寿命まで生きること。
ハハ、大きく出たな。あくまでも努力目標。

それ以上に、
   死ぬことを恐れぬこと。
穏やかな心で楽しく暮らすには、これが一番大切だと、今は思っています。
もちろん、食事、健康面では、細心の注意を払います。
どんな人も、運命には逆らえません。

やりたいことは、たくさん、あるんでさあ。
孫娘の成長する姿も見たいし・・・
フィリピンの田舎を旅したいし・・・

そう簡単には、死ねないぞ。


いえいえ、神の御旨のままに生きます。


The spirit rules the mind and body.
[PR]
# by satarou22 | 2004-08-19 11:52 | 2004年決意表明
渡辺さんのHPに出ていた講談社ブルーバックス「リハビリテーション」〔上田敏〕を読み始める。廃用症候群について理解する。ウォーキング重視の姿勢に自信を深める。


ビックカメラ・ピーカンで歩行計購入。
まずは、1日有酸素運動6000歩を目標に歩こう。過用(やりすぎ)を避けるため、まず、この辺でしばらく様子をみることにする。少量頻回の原則にのっとって、3~4回に分けて歩くのが、いいのか。
[PR]
# by satarou22 | 2004-08-19 10:55 | 2002年のリハビリ日記