脳出血で倒れてから5年半。片麻痺は個性の一部になったようだ。今は、老をいかに生きるかに焦点が移っている。


by satarou22

カテゴリ:退院後の心の立て直し( 1 )

退院後の心の立て直し

退院してすぐの時期は、程度の差はあれ、誰もが鬱状態を経験する。この時期は、むしろ心の問題が、体の問題より重要なのではないか。

私の場合、挫折らしい挫折のない、いい加減な人生を歩んできたせいもあり、落ち込みがかなりひどかったようだ。生きる気力を失いかけた時期が長く続いた。普段は強がっているけど、気が小さくて、ガラスの心臓なんだよな、これが。
循環器の医者に鬱状態について相談すると、「今は良い薬があるよ」と精神科を勧められた。心が動いたが、薬にはどうしても抵抗感があり、最後の手段として取っておくことにした。どなたか、もし薬で鬱状態を克服した方がいたら、詳細を教えてください。
何とか落ち込みから抜け出そうと、都の障害者福祉センターに行ってみた。片麻痺程度では、相手にされない感じ。チャレンジワークというパンフレットくれてそこに登録すれば仕事があるかもしれないと言われた。求めているものが全然違うって。
行政はあてにならないと知り、病院の療法士さんを通じて、片麻痺の先輩に遭うことができ、直接、話を聞くことができた。これは、役に立った。勇気が出た。何をすべきか、方向がついた。
次にに、インターネットを通じて、情報を交換しようとしたが、これはうまくいかなかった。原因は、片麻痺同士、気安く心が通じると錯覚してしまったことにあったようだ。今まで、まったく違う人生を歩んできた、感じ方も考え方も違う人間なのだから、そう簡単にいくわけはないの・・・。ヴァーチャル空間の罠にはまってしまった。
ネット上の付き合いも、現実の世界と同じように、初対面の人間同士が、細心の注意を払って新しい付き合いを築きはじめるのと同じだと心すべきだと学んだ。

そうこうしているうちに、心の危機は何とか切り抜けて、ときどき、ぶり返しはあるが、今は精神的にとても安定している。あんなに悩んでいたのが嘘のようである。
私の場合は、ポイントは、宗教(キリスト教)だった。これは断じて特定の宗教をすすめているわけではない。単なる選択肢の一つだと言っているだけだ。私が、たまたま、そういう時期と重なっただけなのかもしれない。

片麻痺の落ち込みからいかにして立ち直ったか。だれか調査をしてまとめてくれないかな。片麻痺ニューカマーには、とても役に立つと思うんだけどなあ。意味ある仕事だと思うよ。これはと思ったものが見当たらないんだ。

鬱状態を抜け出た後、どのような態度で社会に立ち向かっていくかで、その人の人間性が出てくる気がする。
[PR]
by satarou22 | 2004-08-19 12:04 | 退院後の心の立て直し