脳出血で倒れてから5年半。片麻痺は個性の一部になったようだ。今は、老をいかに生きるかに焦点が移っている。


by satarou22

リハビリ近況

退院して、時間がたつにつれて、リハビリへの関心が薄くなってくる。
とても大事なことなのに。
特に年配者の場合、適切な、継続的リハビリがなければ、体力の衰えは必至であり、寝たきり状態へのショートカットになりかねない。

私は夢を具体化してみた。その第一段階は、
まずは、孫娘の小学生姿を見ること。
そして、息子達との想い出の地、フィリピンのボラカイ島やエル・ニドに行き、昔と同じ位置で写真を撮ることだ。

そのためにも、体力の維持は、欠かせない。この夢を実現するため、地道な努力を続けるだけだ。

リハビリについて、そろそろ再考しなければならない時期だとは思っているのだが、リハビリ内容は、この1年くらい、変えていない。
以前は、パワー・リハビリに凝って東京体育館に通ったりしていたが、今は自宅リハビリに切り替えた。時間が有効に使えるし、他に気を使わなくてもすむ。

基本思想は、パワー・リハビリだが、何も療法士さん等の指導を受ける必要はない。
病院のリハビリ科で大筋を習得した後は、各自、試行錯誤して、自分にあったリハビリメニューを作り上げていくべきものと思っている。

現在のリハビリを写真で紹介してみる。

b0013051_12154398.jpgテレビを見たり音楽を聴いたりして、十分に休みを取りながら、ストレッチと筋力トレーニングに、3時間ぐらいはかける。

b0013051_1236051.jpg私のリハビリ必須アイテム
左は、アキレス腱伸ばしと、歩行計。鉄アレイは、1kgと2kgは卒業。麻痺側の左は重量を上げる気はさらさらない。が、健側の右用に6kgを買おうかどうか迷っている。

b0013051_1248917.jpg「足若丸」という電動サイクル。膝の拘縮を防ぐ。やっぱりエアロバイクの方が良いよな。
[PR]
by satarou22 | 2004-08-20 13:05 | リハビリの内容